このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

週3勤の給与体系について

投稿日:2020/09/03 10:36 ID:QA-0096399

解決済

いつもお世話になっております。労務費改革の一環で定年後の継続雇用者に対し週3もしくは週4勤務を導入する予定です。継続雇用者の給与は基本給のみですが、給与計算において例えば週3勤の場合、単純に3/5ではなく、日割りに置きなおして勤務日を乗ずるのが一般的でしょうか?その他何か留意点等(通勤費等)ございましたら、ご指導のほどよろしくお願いします。

人事担当者Tさん  大阪府  食品(501~1000人)  回答数:3件 カテゴリ:報酬・賃金
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

月給か日給かは、どちらのケースもあり、どちらでもかまいませんので、締日、支給日なども勘案して決めて下さい。

通勤手当については、定期券と1日単位とでどちらが経済的かでご判断ください。週3であれば、実費精算の方が安いケースが多いでしょう。
投稿日:2020/09/04 07:23
いつもお世話になっております。ご回答ありがとうございました。
投稿日:2020/09/07 13:48
A

方針

増沢 隆太 /RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

一般的というものは無いと思いますので、貴社の判断で決められれば良いでしょう。交通費は安い方(定期か実費か)で指定するのが一般的と思います。
投稿日:2020/09/04 09:46
ご回答ありがとうございます。
投稿日:2020/09/07 13:50
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に法的定めもない事柄ですので、いずれの計算方法でも特に差し支えございません。

また通勤費につきましては、実費精算が妥当といえるでしょうが、いずれにしましても継続雇用に関わる労働条件の取り扱いにつきましては事前に就業規則で決められておかれるべきです。
投稿日:2020/09/04 11:55
いつもお世話になっております。承知致しました。
投稿日:2020/09/07 13:50
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク