このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

残業代支給の考え方

投稿日:2019/06/03 15:49 ID:QA-0084780

相談中

当社は、所定労働時間7時間15分の会社です。(9:00-17:15)
この場合、午前半休をとって、13:00から働き始めて、19:30 まで働いたとした場合に
午前半休なので、給与計算上は、9:00から働いていた前提で計算すると理解しています。上記の事例の
場合19:30まで働いていたので、給与計算上、9:00-17:15の所定労働時間を働き、
法定労働時間8時間までの 17:15-18:00を割増無しの賃金の支払い、18:00-19:30を
25%割増の賃金支払いと考えていますが、これで正しいでしょうか?

スミタケさん  東京都  不動産(31~50人)  回答数:3件 カテゴリ:報酬・賃金
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、時間外労働につきましては、実労働時間で1日8時間(または週40時間)を超えた場合に発生するものと解されます。

従いまして、当事案の場合ですと、半休取得の時間はカウントされず、実労働時間のみでは6時半しか勤務されておりませんので、17:15~19:30の全ての時間について割増無の賃金支払で足りる事になります。
投稿日:2019/06/03 21:28
当社の給与規程の記載に「午後6時から午後10時までの勤務」については、125%を支給すると明記が有り、裁判例を確認しましたが、この規程がある場合には、実労働時間ではなく、午後6時を過ぎた場合は、やはり割増は必要なようです。ご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/06/04 11:12
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

割増賃金が必要なのは、実労働時間が8時間を超えた場合です。

ですから、ご質問のケースでは、全て割増なしの賃金の支払いで問題ありません。
投稿日:2019/06/04 04:24
給与規程に、午後6時から午後10時までの勤務については、125%の支給を行うとの記載があり
規程の書き方に問題があるようです。
ご回答頂きありがとうございました。
投稿日:2019/06/04 11:16
A

割増し

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

割増しの発生は8時間以上の勤務、深夜、休日です。
本例はいずれにも当てはまりませんので、割増し不要となります。
投稿日:2019/06/04 10:04
ご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/06/18 16:37
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク