給与計算.jp - 給与計算代行・アウトソーシングトップ > 相談掲示板 > 代休を発生月の翌月に取得した際の給与計算について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

代休を発生月の翌月に取得した際の給与計算について

投稿日:2018/02/08 12:53 ID:QA-0074780

相談中

代休に関する給与計算について質問です。

<前提>
・代休は翌月以内に取得する
・給与締め日・支払日 1〜月末締、翌月15日払

<例>
・2/10(土)に8Hの休日出勤 

まず、代休を取っても取らなくても、必ず支給する0.25(法定休日の場合0.35)部分だけを2月末締3/15支給の給与に上乗せし先に払う。
→三月末までに代休を取得できれば1.0の部分はノーワーク・ノーペイの原理で控除。
→取得できなければ三月末締め4/15支給の給与に1.0分を上乗せして支給する。

こちらのQ&Aの類似した質問を拝見させていただいた限りでは、
「同月内の代休取得ができなかった場合は、1.25全額を支払い、代休を取得できた月の給与から1.0を控除する」というのが合法的な処理かと思います。
しかし、実際には多くの企業が例に記述したような給与計算を行なっており、
給与計算担当者向けのセミナーなどでもこの方法を違法とせず、給与計算の一つとして紹介されたりするようです。本来は間違っている処理が、どうしてこのように広く受け入れられているのでしょうか?
また、今回記述した計算方法を行なっている会社が労働基準監督署から指導を受ける可能性などはないのでしょうか?

ご回答いただけますと幸いです。

こひつじさん  東京都  広告・デザイン・イベント(31~50人)  回答数:2件 カテゴリ:賃金
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

代休に関しましては、下記のようなことは多くの企業は行ってないと思いますよ。
がせねたではないでしょうか?
「実際には多くの企業が例に記述したような給与計算を行なっており、
給与計算担当者向けのセミナーなどでもこの方法を違法とせず、給与計算の一つとして紹介されたりするようです」

労基法の全額払いの法則に違反しますので、労基署から指導を受けます。
投稿日:2018/02/08 17:58
ご回答ありがとうございます。
はっきり言っていただいて、大変スッキリしました。

重ね重ね、御礼申し上げます。
投稿日:2018/02/08 18:07
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り同月内の代休取得ができなかった場合ですと先に基本部分も含めた割増賃金の支払いが必要です。

仮にこうした適法な支給をされていない企業があるとすれば、当然ながら監督署の調査があった場合是正勧告を受ける事になります。

またこうした違法な方法を指南するセミナーがあるとすれば、発覚した場合中止を求められることになるはずです。

いずれも「公にバレなければよい」というスタンスでやっているものと思われますが、こうした行為がコンプライアンス上到底認められない事は言うまでもございません。
投稿日:2018/02/09 17:34
お礼が大変遅くなり申し訳ございません。
まさかセミナーで教えられたら、それが正しいと思ってしまいますし、怖いです・・・。

この度はご回答ありがとうございました。
投稿日:2018/03/16 12:53
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク