このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

代休取得の際の給与計算に関して

投稿日:2020/06/12 07:51 ID:QA-0094130

解決済

弊社では1カ月単位のフレックス制度を導入しております。
※残業代は所定超に対して計算
※残業時間計算式:実労働時間―総所定労働時間
※1カ月の総所定労働時間は所定労働日×8時間で計算

月をまたいで代休を取得した際に、現在は総労働時間がマイナスになる計算式にて給与を計算している為、100%分の控除
ではなく、代休を取得していなければ125%で支給されていた部分の時間が削られております。
これは代休を取得したとしても所定労働時間は変わらず、代休を取得して実労働時間が減るという考えに基づいておりますが、問題はないのでしょうか。
それとも本来の趣旨である100%の部分のみ別で控除をし計算をする必要があるのでしょうか。

ぜんめいさん  愛知県  その他金融(101~300人)  回答数:3件 カテゴリ:報酬・賃金
A

代休取得の狙い

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼代休の取得目的は、「実労働を抑え、月間所定労働時間の超過を避ける」という言い方もできます。所定労働日と時間数を守れば、代休の必要はない訳です。
▼さりとて実態は諸種の現実的事由により休日出勤の必要な場合もあり、月間所定労働時間の超過が避けがたく、結果的に、法定休日数未達になり得ます。 
▼だから、代休は、所定労働時間数ではなく、休日日数の問題なのです。125%の支給の割増部分はペナルティの意味合いだと理解しています
投稿日:2020/06/12 11:31
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

代休日を無給としているのであれば、(無給が多いですが)

代休日について、実労働時間を加算しないということで問題はありません。

所定労働時間は変わりません。
投稿日:2020/06/12 16:57
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、システム上ではどのような時間計算の扱いになっていても直ちに問題とはなりません。ポイントは、賃金全額払いの原則に基づき賃金支払いがきちんと行われているか否かになります。

つまり、代休が翌月取得になる場合ですと、当該休日勤務に関しまして法定休日であれば休日労働割増賃金(×1.35)、法定外休日であれば清算期間の法定労働時間総枠を超える時間について時間外割増賃金(×1.25)が当月給与において支払われている事が必要です。
投稿日:2020/06/12 20:20
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク