このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

パートの休日出勤の考え方

投稿日:2019/09/05 11:55 ID:QA-0086626

相談中

いつも大変参考にさせていただいております。
弊社はホテルを運営しております。

パート(時給制)の給与計算をする際に、疑問が生じたのでこちらで質問をさせていただきます。
あるパート(以下、Aという)について、①~⑤のような条件で勤務してもらっています。

①Aとは週5日・1日5時間の労働契約を結んでいる
②弊社は1か月の変形労働制(平均1週40時間)、変形休日制(4週4休)をとっている
③弊社の休日は月9日で、事前にシフトを作成している
④就業規則では、所定休日に出勤した場合1.25倍で計算することが記載されている
 (特に1週間で40時間超の場合に割り増しするとは記載していない)
⑤8月のAの勤怠は事前のシフトで月9日の休日が決まっていた

8月はホテルが繁忙期で急遽休みの日に4時間勤務してもらいました。
ちなみにこの時1週間で見ると、毎日5時間・5日勤務+当該休日4時間で29時間の勤務でした。

その場合、この休日勤務に対する給与は割増して計算するのでしょうか。
法律上所定休日出勤でも、1週間40時間を超えていないと割り増し対象ではないという認識ですが、
弊社の就業規則は④の通り、「所定休日に出勤した場合」としか記載していないのでこういった場合は、
割増をして計算しなくてはいけないのかなと疑問に思いました。

説明が分かりにくく申し訳ございませんが、どのように考えればよいかご教授いただけますと幸いです。

mokaさん  東京都  旅行・ホテル(301~500人)  回答数:1件 カテゴリ:報酬・賃金
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常であれば追加で所定休日(法定外休日)に勤務されましても週40時間未満であれば時間外労働割増賃金の支給義務は発生しません。

しかしながら、御社の場合ですと「就業規則では、所定休日に出勤した場合1.25倍で計算することが記載されている」という事ですので、就業規則で法令を上回る労働条件の定めがなされている場合は規則内容を優先して適用しなければなりません。

従いまして、週の労働時間数に関係なく所定休日勤務分については1.25倍の割増賃金支給が必要です。
投稿日:2019/09/05 23:45
早速ご回答いただきありがとうございます。

やはり、就業規則が優先されるのですね。
こちらを参考に給与計算をしたいと思います。
ありがとうございました。
投稿日:2019/09/06 09:00
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク