給与計算.jp - 給与計算代行・アウトソーシングトップ > 相談掲示板 > 給与締日変更による時間外手当に係る給与計算について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

給与締日変更による時間外手当に係る給与計算について

投稿日:2019/03/14 13:29 ID:QA-0083098

相談中

当社は現在、20日締めの当月末払いで給与を支給していますが
従業員が増加した事により、処理が間に合わない月が発生しています。
そこで、時間外手当のみの締日を15日にした場合、16日から20日までの時間外手当は
翌月の末日に支払われる事になるのですが、支払時期が遅くなることによって法的に問題は
発生するのでしょうか

m.7788さん  京都府  機械(101~300人)  回答数:1件 カテゴリ:報酬・賃金
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、事務処理上の観点から残業代のみを翌月支給とされる扱いについてはよく見られる措置ですし、それ自体に違法性はないものといえます。

しかしながら、一旦決められていた締め日を変更されるという措置につきましては、当事案のように具体的な不利益が発生する場合ですと労働契約法で禁止されている労働条件の不利益変更に該当しますので、原則としまして従業員の個別同意を得た上で変更される事が求められます。
但し、5日分程残業代支給が遅れるというだけですので、事情を丁寧に説明すれば同意を得られる可能性は高いものといえるでしょう。
投稿日:2019/03/14 21:43
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク