このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

2019年度の年間休日数について

投稿日:2019/02/08 11:00 ID:QA-0082254

相談中

 お世話になります。
2019年度は天皇即位関係で祝日が4日増えます。
対策として今年度のみ年間休日124日として給与計算を行う予定です。
これにより所定労働時間が減るため残業単価が若干上がり、通勤手当が
若干下がります。
労使で合意の予定で、特に問題ないと思いますが如何でしょうか。
また、世間での当該対応は一般的にどのようなものか、情報を
いただければありがたいです。
以上、宜しくお願いいたします。

いぎょらさん  栃木県  鉄鋼・金属製品・非鉄金属(101~300人)  回答数:1件 カテゴリ:人事管理
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、今年に限らず程度の差はあれども年度による休日数の増減に基づく労働時間単価の変動は当然発生するものですし、所定の労働条件の範囲内の事柄になります。

従いまして、特に対応される必要性はございません。
投稿日:2019/02/08 13:20
早速のご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/02/08 17:40
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク