このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

労働時間の端数処理について

投稿日:2017/07/11 17:49 ID:QA-0071497

相談中

労働時間を算出する際、現状は当然に1分単位で算出し、月の累計での30分未満切り捨ても行わずに
完全に実働時間にて給与計算を実施しております。
これを確認の手間を省くため、日の単位または月の累計にて5分や10分等の単位に切り上げて
計算を行おうかと考えております(時間外等も同様です)。
従業員の不利益になる内容では無いので導入自体に抵抗が生じることは考えておりませんが、
前例としてこのような計算方法を導入している企業はどのぐらいあるものなのでしょうか。

また労働協約や社内規定の問題はクリアできると踏んでいますが、労基署等への対応について
何か留意点はございますでしょうか。

恐れ入りますがご教示くださればと思います。
宜しくお願い致します。

三遊亭さん  東京都  ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設(5001~10000人)  回答数:2件 カテゴリ:賃金
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働者に有利になる端数処理ですので、労基署への対応も含めまして何か問題となる点はございません。

また、実際このような措置についてどの程度実施されているかについては存じ上げませんが、従業員数によっては相当なコスト増に繋がる可能性も生じますので、出来れば変更前に仮の期間を設けて現実にどの程度の会社負担増となるか確認されてから実施される事をお勧めいたします。
投稿日:2017/07/11 22:51
ご返答ありがとうございます。
もう一点追加で恐縮なのですが、月の累計時間外で「30分未満切り捨て、30分以上切り上げ」のルールにおいて、「30分未満切り捨て、30分以上1分単位で支給」は問題となり得るでしょうか。
投稿日:2017/07/17 14:53
A

再度お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご返事下さいまして有難うございます。

「月の累計時間外で「30分未満切り捨て、30分以上切り上げ」のルールにおいて、「30分未満切り捨て、30分以上1分単位で支給」は問題となり得るでしょうか。」
― 法的に問題となるのは切り捨ての部分ですので、特に支障はないといえるでしょう。但し、他で1分単位の計算をしないにもかかわらず、当該部分のみ1分単位で計算されるというのは不自然さが否めず整合性に欠けるように思われます。従いまして、変更の主旨からしましても、30分以上切り上げで対応されるのが妥当といえるでしょう。
投稿日:2017/07/17 19:03
よく理解できました。
ありがとうございました。
投稿日:2017/07/18 09:06
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク