給与計算.jp - 給与計算代行・アウトソーシングトップ > 相談掲示板 > フレックスタイム制の繰越制度について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

フレックスタイム制の繰越制度について

投稿日:2021/10/18 14:30 ID:QA-0108774

解決済

今回初めて給与計算業務を担当するにあたり、労務関係の勉強を行っている最中です。
フレックスタイム制を現行1ヶ月→3ヵ月へ変更を検討しており、その場合の労働時間に繰越についてご教授願います。

①4~6月
 所定労働時間 495時間 / 時間単価 1,500円
 実働労働時間 476.2時間(△18.8時間)
 内深夜労働時間 7時間

②7~9月
 所定労働時間 495時間 / 時間単価 1,500円
 実働労働時間 529.4時間(34.4時間)
 内深夜労働時間 22時間
 
まず1つ目として①の所定労働時間と実労働時間の△18.8時間は、②の期間34.4時間と相殺することは可能でしょうか?

2つ目として①の深夜残業代に関しては、割増分2,625円を支払うという計算で宜しいでしょうか?

tkmさん  東京都  放送・出版・映像・音響(6~10人)  回答数:2件 カテゴリ:人事管理
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当期の所定労働時間不足分を次月で相殺する事は原則可能とされています。
 厚生労働省が示す労使協定モデルの条文でも、「清算期間中の実労働時間が総労働時間に不⾜したときは、不⾜時間を次の清算期間にその法定労働時間の範囲内で繰り越すものとする。」とされていますし、当事案について不足の18.8時間を次期に繰り越されても次期の法定労働時間(525.7時間)の枠内に収まりますので、こうした協定内容を定められていれば差し支えございません。

そして、深夜割増賃金の支払についてはご認識の通りです。
投稿日:2021/10/18 21:05
ありがとうございます。
投稿日:2021/10/19 10:05
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

・欠勤控除せずに翌月に繰り越すのであれば、
翌月の総労働時間が、495+18.8=513.8時間となります。
繰り越す場合は、法定労働時間(525H)の範囲内ですので、問題ありません。

・深夜加算は、1500×7×0.25=2,625円で問題ありません。
投稿日:2021/10/19 09:08
ありがとうございます。
投稿日:2021/10/19 10:05
給与計算のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『給与計算.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク